子供の病気事典

子供の病気事典について

当サイトでは、子供がかかりやすい病気を、新生児・アレルギー・感染症・心・目などのカテゴリーに分けて、分かりやすく紹介しております。子供の病気に関する情報をお探しの方、当サイトを是非ご活用ください。

食道・胃・腸の病気

胃腸は代表的な消化器です。 胃は食べ物を貯留したり胃酸を分泌し消化します。 小腸ではの栄養や食べ物と一緒に飲み込んだ空気を吸収します。養分が吸収された後の食物は大腸に運ばれ、水分を吸収されます。残った排泄物は直腸を通り、肛門から排泄されます。 .....このカテゴリを表示

神経の病気

神経は、神経線維束(しんけいせんいそく)の通称。情報伝達の役割を担う組織。淡黄色の索状をしており、内分泌の情報伝達に比べて、運動や感覚などは特に伝達速度が非常に速く、目的の組織だけに伝達が可能 という性質があります。神経活動に関わる、シナプスと言う接合部位があり、そこで神経細胞間や神経細胞と他種細胞間に、情報が伝達されていきます。 .....このカテゴリを表示

目の病気

目とは光を感じ、神経に伝える細胞(視覚細胞)と、反射板にあたる構造から形成される感覚器官です。 明暗、物質の形状・色などをとらえ視神経を通じて脳に情報を送ります。 .....このカテゴリを表示

耳・鼻の病気

.....このカテゴリを表示

歯・口・顎の病気

口は消化管の最前端で、食物を取り入れる部分です。口腔内には唾液線があり、消化の補助として唾液を分泌します。 舌には味を感じる味覚や、食べ物をかくはんする働きがあります。 人体でもっとも硬い部分である歯は咀嚼することで食物を分断します。 .....このカテゴリを表示

小児がん

小児がんとは15歳以下の子どもにおこる悪性腫瘍のことです。発がん因子が未熟な臓器に作用してがんが発生し、細胞が未発達なほど、がん化が早いといわれています。最も多いものが白血病です。成人と違い、抗がん剤がよく効くことや近年の治療法の発達などで、根治できるものも多くなっていますが、治療の副作用や晩期障害など問題も少なくありません。 .....このカテゴリを表示

染色体の病気

染色体とは遺伝情報を担う生体物質です。一本の染色体には一本のDNAが含まれています。人の体細胞は、22対の常染色体と1対の性染色体、計46本の染色体を持っています。これの重複や欠失、分離や交叉の機能不全は染色体異常として、遺伝子病、奇形症候群などの深刻な疾患が引き起こります。 .....このカテゴリを表示

アレルギー性疾患

アレルギー反応は、外からの異物を排除するために働く、生体にとって不可欠な生理機能である免疫反応が、特定の抗原に対して過剰に反応することや遺伝などが原因で起こると考えられていますが、正確な原因は不明です。植物、動物、昆虫、食品、科学物質などアレルギーを引き起こす抗原をアレルゲンと呼びます。しかし、反応はそれぞれなので、これがアレルゲンだと一概にはいえません。 .....このカテゴリを表示

感染症・食中毒

私たちの身の回りのあらゆるところにいる、様々な微生物が体内で増殖し、菌の病気を起こそうとする力が人の抵抗力よりも強くなった時、疾病を引き起こすことを感染症と言います。子供は免疫力も十分でなく、急に発病し、病状の進行の経過も早いことが多いので十分注意が必要です。清潔を心がけることで予防回避できるものもあるので、日ごろから気をつけましょう。 .....このカテゴリを表示

生活環境による問題

生活環境で起こる子供の病気は家庭内で予防できるものが多いです。子供が病気に至る前に、きちんとした教育や食生活、健康管理など、周囲の大人が注意する事が必要です。また、紫外線やシックハウスなど、周囲の人間が小さな変化に気づき、子供に悪い環境を避けるように注意しましょう。 .....このカテゴリを表示

心の障害と病気

心の病気は精神病・神経症・心身症の3つに大分類できます。多くの場合カウンセリングや、薬剤での治療を長期的に行い、改善を目指します。中には家族の再教育が必要なケースも少なくありません。一方、知的障害や自閉症など先天的、身体的な要因が絡む障害の根本治療は難しいとされています。その病気をよく理解することからはじめましょう。 .....このカテゴリを表示

検診と検査

こまめな検診と検査で病気の早期発見を心がけましょう。定期検診は必ず行き、問題があれば、手遅れになる前にきちんと検査します。発病前の段階であれば発病予防ができる場合もあります。検査結果を注意してみるようにし、些細なことでも気になることがあれば医師に相談しましょう。 .....このカテゴリを表示

当サイトご利用の注意

当サイトの情報は2006年5月現在のものです。随時更新しておりますが、詳細については必ずご所属の組織や、各保険機関等にお問い合わせ下さい。なお、当サイトの記述について、実際に起こった紛争等に関する一切の責任は負いません。予めご了承下さい。

子供の病気一覧

新生児の病気

出生から4週間までの子供を新生児といいます。 出生後、新生児にさまざまな問題がみられることがあります。先天的な異常、分娩時におきた問題、母親の生活習慣によるものや垂直感染など、胎児期から問題を抱えている場合もあります。 抵抗力も弱いので新生児の健康状態には細心の注意をはらいましょう。 .....このカテゴリを表示

胎児期・分娩時に起きる問題

胎児期に発祥する病気は、重大な障害につながるケースもあります。妊娠中の健康管理には十分に注意しましょう。 異常分娩や、難産は、娩出力、産道、娩出物(胎児、胎盤、等)の影響でおこります。 分娩困難のために生じた問題は、命にかかわる場合もありますので、分娩方法の選択などで、予防できるものは、担当医師と十分に相談しましょう。 .....このカテゴリを表示

母親の感染症による病気

母親が持つ感染病を、胎児期(胎内感染)や、分娩時、授乳の際に子供に移ることを母子感染(垂直感染)と言います。分娩時の産道感染については、帝王切開にするなど分娩方法の選択で、母乳感染の場合は授乳の禁止などで予防します。妊娠前から感染症であることがわかっている場合は医師と相談して妊娠について決めましょう。 .....このカテゴリを表示

肝臓・膵臓の病気

肝臓は糖など栄養分を合成し、体内に送る代謝機能やアルコールなどの解毒、脂肪の消化に欠かせない胆汁の合成などの働きがあり、体内で最大の臓器です。 膵臓には消化酵素である膵液を分泌する外分泌機能と、血糖の調節に必要なホルモンを分泌する内分泌機能があります。 .....このカテゴリを表示

循環器の病気

血液を送るポンプの役目をしている心臓と、体内を巡る血液の道筋である血管を循環器と言います。全身の内臓、組織に血液によって酸素や栄養、各種ホルモンを送り、内臓、組織の活動により生じた不要な代謝産物を排泄器官へ運搬する働きがあります。 .....このカテゴリを表示

呼吸器の病気

人間は生きるために必要な酸素を取り入れるため絶えず呼吸をします。呼吸は空気中の酸素を体に取り込み、二酸化炭素を排出します。 その通り道である、鼻、咽頭、気管、気管支、肺などの器官を総称して呼吸器と呼びます。 .....このカテゴリを表示

泌尿器・生殖器の病気

腎臓で血液の老廃物などを濾過、選別し、濃縮するなどして尿が作られ、尿管から膀胱へ送られ蓄積し、膀胱にたまった尿は尿道を通り体外へ排出されます。 これらの器官の総称を泌尿器といいます。 .....このカテゴリを表示

皮膚の病気

皮膚は、暑い時は汗を出し体温を下げ、寒い時に血液の流れを良くして体温を上げるなどの体温調節をします。 触覚、圧覚、痛覚、温度覚などを得るための感覚器でもあり、体全体を包み、体形の維持としても働きます。 .....このカテゴリを表示

骨・関節・筋肉のけがと病気

骨には、硬骨と軟骨があります。その役割は骨格の構成や、体の形状維持、運動の際の支点・力点などの形成、重要な臓器を保護する事などです。骨と骨のつなぎ目部分を関節といい、潤滑油の役目をはたす滑膜が両骨の間に存在します。 筋肉は収縮機能のある運動器官です。心臓などの器官が動く力や運動に使う力はすべて筋肉の収縮によってもたらされます。 .....このカテゴリを表示

血液と免疫の病気

血液は血管を通り、全身の内臓や組織に酸素および二酸化炭素、糖、脂質、アミノ酸、タンパク質等のエネルギー基質、各種ホルモン、他の組織から出た老廃物等を運搬するための体液です。 免疫機能も持っています。 .....このカテゴリを表示

ホルモン・代謝の病気

体内で、脳下垂体、甲状腺や副腎、膵臓など一定の器官で合成・分泌され、血液を通して体内を循環し、別の決まった器官の働きの調節に効果を発揮する、情報伝達を担う生理活性物質のことです。右図の赤い部分はホルモンを分泌する内分泌器官を指します。 .....このカテゴリを表示




おすすめサイト
毛穴ケア