子供の病気事典

トップページ > アレルギー性疾患

アレルギー性疾患

アレルギー反応は、外からの異物を排除するために働く、生体にとって不可欠な生理機能である免疫反応が、特定の抗原に対して過剰に反応することや遺伝などが原因で起こると考えられていますが、正確な原因は不明です。植物、動物、昆虫、食品、科学物質などアレルギーを引き起こす抗原をアレルゲンと呼びます。しかし、反応はそれぞれなので、これがアレルゲンだと一概にはいえません。