子供の病気事典

トップページ > 小児がん

小児がん

小児がんとは15歳以下の子どもにおこる悪性腫瘍のことです。発がん因子が未熟な臓器に作用してがんが発生し、細胞が未発達なほど、がん化が早いといわれています。最も多いものが白血病です。成人と違い、抗がん剤がよく効くことや近年の治療法の発達などで、根治できるものも多くなっていますが、治療の副作用や晩期障害など問題も少なくありません。