子供の病気事典

トップページ > 歯・口・顎の病気

歯・口・顎の病気

口は消化管の最前端で、食物を取り入れる部分です。口腔内には唾液線があり、消化の補助として唾液を分泌します。 舌には味を感じる味覚や、食べ物をかくはんする働きがあります。 人体でもっとも硬い部分である歯は咀嚼することで食物を分断します。