子供の病気事典

トップページ > 染色体の病気

染色体の病気

染色体とは遺伝情報を担う生体物質です。一本の染色体には一本のDNAが含まれています。人の体細胞は、22対の常染色体と1対の性染色体、計46本の染色体を持っています。これの重複や欠失、分離や交叉の機能不全は染色体異常として、遺伝子病、奇形症候群などの深刻な疾患が引き起こります。