物件売買に関わるお金

買換特例

居住していた住宅を売却する際の譲渡所得のうち、次の住宅の買換えに充当した金額分は、その買換えまで課税が繰り延べされるというものです。3000万円特別控除とどちらか有利な方を選ぶことができます。




ページ先頭へ戻る

3000万円特別控除

実際に居住していた土地や住宅・マンションを売却する際に、利益が3000万円以下の場合には控除が受けられます。それが3000万円特別控除です。ただし、申請が必要となります。

ページ先頭へ戻る

譲渡所得課税

実際に居住していた住宅を売却することによって得られた譲渡所得には、その所得額に応じて算出されるものと、保有した期間により課せられるものがあり、それらを合算して課税されます。税率はケースごとに異なりますし、税率自体が良く変更されるため、注意が必要です。

ページ先頭へ戻る

相続税

相続税とは、死亡した人の財産を、相続や遺贈によって取得した人に対して課される国税です。マンションや住宅、土地を相続する際にも発生します。
相続する際のケースによって、税額に変化があるので、ご自身の場合どうなるのか、事前にご確認頂いた方が良いかもしれません。

ページ先頭へ戻る

贈与税

贈与とは、金銭や不動産などの財産を無償で提供することを指します。マンションや住宅や土地などの贈与の際は、贈与税が発生します。ただし、1年間に110万円を越える贈与があった場合に限定されます。

ページ先頭へ戻る

不動産取得税

マンションや住宅、土地といった不動産を取得した時に発生する地方税です。登録免許税との違いは、申請により発生するのではなく、購入の際に発生するという点です。
不動産の取得とは、売買、交換、贈与、家屋の新築・増築・改築を指し、有償か無償かは問いません。ただし、相続による取得は課税対象外です。

ページ先頭へ戻る

登録免許税

マンションや住宅、土地を購入した際に、土地の所有権移転登記や建物の保存登記などをすると発生する税金です。その他、抵当権を設定する時や、不動産関係以外にも、会社の登記、各種資格の登録など、登記簿において何らかの新規・書換えがあると、この税金が課されます。
その申請は土地家屋調査士や司法書士のような専門家に任せる場合が多いので、その手数料も必要となります。
不動産を取得する時、売買契約により当事者間では所有権が移転したことになりますが、登記簿の変更を行わないでいると、裁判などで立証することができなくなることがありますので、注意しましょう。

ページ先頭へ戻る

印紙税

土地やマンション、住宅を購入した際には、登記変更等のために書類が作成されます。そのような書類の作成には課金がされます。

管理人よりひとこと
住居移転やマンション購入などの際に提出する書類には、決まった書式はないそうです。ただし、書類の作成は専門家に任せた方が、あとで困らなくてよいと思いますよ。

ページ先頭へ戻る

仲介手数料

居住していたマンションや住宅の売却を不動産業者に依頼する場合、契約がまとまると仲介手数料を支払うことになります。この仲介手数料の金額は、宅建業法で定められていて、最大でも物件価格の5.25%となっていますので、金額及び割合にはよく注意するようにしましょう。

ページ先頭へ戻る

ローン条項

マンションや住宅を購入する際、たいていは代金の支払いを全額一括で行うことはありません。まずは手付金という形で1~2割の金額を支払い、契約を締結します。
もしもその後で、金融機関に申し込んだローンの借り入れができなければ、代金を支払うことはできないため、購入した物件の引渡しを受けることもできなくなります。ローン不可と判明した時点で、大家さんは無条件に契約を解除することができます。
ローン以外に代金を支払う方法がなければ、契約は解除となり、支払済みの分は返還となるのが「ローン条項」です。売買契約書の中に、このローン条項が含まれているかをしっかりチェックするとよいでしょう。

ページ先頭へ戻る

申込金と予約金

マンションや不動産、住宅を購入する前段階で、申込金や予約金が発生することがあります。これは申込者が購入の優先順位を確保するため、もしくは購入の意志があることを表明するために支払うものです。
これらの費用を支払っても、実際に契約が締結されたわけではないので、後で不成立となった場合には返還されなくてはなりません。成立の場合には手付金や購入費用の一部として相殺することもできます。
このような費用を払う際には、手付金なのか、または返還可能な予約金・申込金なのかを、事前に確認するようにしましょう。

ページ先頭へ戻る

不動産売買の手付金

不動産関係の契約では、代金の一部に相当する金額が支払われることによって取引が進行していきます。買主から支払われた金額が申込金なのか、手付金なのかによって、異なる意味合いがありますので注意が必要です。

手付金とは、売主と買主の間で契約が成立したことを確かめるために、買主が支払うお金を指します。手付金の目的とは次の3つに振り分けられます。解約手付や違約手付、証約手付です。これらはいずれも、この契約が不履行となったときの損害や回復のために充当されます。

手付金は、取引の途中に支払いを要求されるものですが、問題なく契約が締結した際などは、売主から返還されるべきものです。ただし、多くの場合は、そのまま購入代金や賃貸費用などに充当されます。




ページ先頭へ戻る
Copyright (C) 2006 zerokara manabu fudousan . All Rights