モラル・ハザード

金融においてモラルハザードとは、セーフティネットの存在により、金融機関の経営者、株主や預金者等が、経営や資産運用等における自己規律を失うことをいいます。例えば、金融機関が不良債権を発生しても、それを早期に処理せず、公的資金による救済をあてにして、経営陣や株主が「最終的には金融当局が救済してくれるだろう」と考え、信用供与や資産の運用方法に慎重さを欠いた経営を行うといったことが考えられます。



関連

本来は保険業界で使われていた用語である。保険契約において、保険によって危険を回避できるという事実が、被保険者の損害回避行動を阻害するという現象である。リスク回避を疎かにする方をモラール・ハザード(morale hazard)、意図的に事故を起こす方をモラル・ハザード(moral hazard)と分ける場合もある。

また、努力しても努力しなくても結果が同じなので全体が怠けていく、例えにも用いられる。

【フリー百科事典『ウィキペディア(Wikipedia)』より】