業務範囲の拡大、デリバティブの金融用語一覧

オプション 

有価証券や通貨などを特定の期日や期間内に契約しておいた価格で売買する権利を指し、... この用語を見る 


金利スワップ 

元本は変えないで、金利のみを交換する取引を指す。一般的には、固定金利と変動金利を... この用語を見る 


金融先物取引 

将来のある日時に、何を、どれだけ、いくらの価格で売買すると約束し、商品の受け渡し... この用語を見る 


店頭デリバティブの解禁 

店頭デリバティブとは、銀行や証券会社の店頭で取引されるデリバティブを指す。199... この用語を見る 


デリバティブ(金融派生商品) 

有価証券や通貨、金といった金融資産(原資産)の取引から派生し、原資産の現物価格に... この用語を見る 


ラップ口座 

個人向けの資産管理口座であり、運用金額に応じた手数料を一括して支払うという特徴を... この用語を見る 


投信窓販 

従来は証券会社にしか認められていなかった投資信託の販売を、銀行にも認めることを指... この用語を見る 


投信直販 

投資信託会社が直接投信を販売することを指す。受益証券の募集や発行、償還金の支払と... この用語を見る 


保険窓販 

銀行等の窓口で保険商品を販売することを指す。銀行にとっては、商品の品揃えが増える... この用語を見る 


改正投資信託法 

金融システム改革の4本柱の1つである「資産運用方法の拡充」を実現するため、199... この用語を見る 



【PR】 クレジットカード